読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野田家

野田家の奇妙な日常

逃げるが勝ちの護身術

先日、興味深い記事をみつけた

www.02320.net

 

僕は中学二年でフルコン空手を始め30歳になる今まで続けている。
試合にも出場していて新人戦で優勝したこともある(遠い昔)

 

身長は181cmで体重は84キロ

そう、巨体だ

 

しかし、仮に路上で150cmのガリヒョロがコンバットナイフを持って襲って来たらどうするか??

 

僕は間違いなく逃走する。

ナイフを持った相手と戦うというのは、全身が金玉になった思った方がいい。
どこを刺されても致命的なダメージを負う。

 

 

護身術は理屈上、凶器を持った相手や複数人と戦う時に対応できる術だ。

だが、実際にそういった状況に対峙すると人はビビる

 

始めて空手の大会に出る時、ほとんどの人が体が萎縮して動けない。
戦闘民族の血でも引き継いでいなければ、ぶっつけ本番で100%の力は出せないのだ。
ビックリするくらい膝がガクガクする。

それに、
練習では完璧な状況を想定してシミュレーションをしている。

ハイヒールやミュールだったら?
雨が降ってたら?
夜だったら?
酒に酔っていたら?
お腹いっぱいだったら?

人生はイレギュラーに満ちあふれている。


しかし、どんな状況でも発揮しやすい要素がある
それは
「走力」だ。

 

僕自身、フルマラソンに2回出場し完走している。
1度目のフルマラソンは月平均80キロ以上練習した。

 

普段空手の稽古をして月80キロ以上走って挑んだ大会当日、
僕は数えきれない女性にごぼう抜きにされたのだ。

それどころか80歳近い老人にも抜かれた。

 

走力は年齢性別関係無くかなり平等に近い。

華奢な女性でも月80キロ走った180cm84キロの男を颯爽と追い抜くことができる。

 

仮に1キロを4分前半で走れるのなら

100人の変態に追いかけられても捕まらないだろう

多少足が速くても逃げている方が追いかけている方より有利なので(走る進路は逃げてる側が決めるしペースの調整もできない)

同程度の走力でも逃げている方が勝つ。(事実、僕は逃げる小学生の甥っ子も捕まえきれなかった)


 

女性の場合は逃げると決めたら運動靴以外は脱ぐこと。
走って逃げる際の一番のリスクは転けることだ。
きっとアドレナリンが出てるので裸足で走れるはず。
また、逃げる前に悲鳴を上げる(声を出すことで呼吸が整い足の震えなどを抑えることができる、キャーよりもオ"ォォォォォオ"オ"!みたいな腹から出して巨人のように走れ)、走っている最中に投げれるものを投げるのも有効だろう。


ということで、僕は嫁さんには走って逃げるように言っている。
僕が空手をしているのは「護身」ではなくて「護衛」
つまり、大事な人が逃げるまでの時間稼ぎをするためだ。

 

自分の身だけを守るのであれば「走ること」がベストなのだ。