読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野田家

野田家の奇妙な日常

納豆オン・ザ・サン

朝起きると

ダイニングテーブルのいつもの席で
1歳になる息子が朝ごはんを食べている。

おはよう
と言うと

満面の笑みで
僕を幸せな気持ちにさせてくれる。

 

しかし、この日はいつもと少し違った。

荒れている。

飛び散った米粒。
垂れ流しの味噌汁。

そして、納豆にまみれた笑顔。

f:id:neko8bit:20150723120010j:plain

 

息子は納豆が好きなのだ。

 

納豆
確かに栄養的にも優れた良い食物だ。
しかし、臭い。

離れていても漂う納豆臭。

納豆オン・ザ・サン

 

出勤前に
息子の頭をなでた


糸をひく手

納豆と愛情のはざまで揺れた。

 

 

クレイジーマッスルゴリラ

f:id:neko8bit:20150711193304j:plain

そう、彼はクレイジー
笑わせるためにはケツでワインを飲む。

 

 

 

体を鍛えはじめた人が使う意味不明な言葉

みなさん

夏ですね!

夏といえばマッスル。

ですよね!

 

あなたの回りでもいきなり体を鍛えはじめた人、

いませんか!?

 

そして、訳の分からないことを語り始めた人、

いませんか!?

 

今日はそんな

マッスルでハッスルな人たちが発する
意味不明なことばを解説したいと思います。

 

 

 

さらだちきんうりきれてる〜
【サラダチキン売り切れてる〜】

お腹が空いたマッスラーがコンビニでよく発するフレーズです。
体を鍛えるとまず最初に興味を持つのはタンパク質です。
タンパク質を求めてゾンビと化したマッスラー達の大好物
それがサラダチキンです。
コンビニで買える手軽さ、
そして低カロリーでありながらプロティン並のタンパク質を補給できる
MMI(マッスルマストアイテム)ですね!

 

 

 

いま、こまかいきんにくきたえてるから
【今、細かい筋肉鍛えてるから】

これは空き時間に意味不明な反復運動をしているマッスラーがよく言うフレーズですね。
筋肉が好きな人たちはBIG3と言われる胸、背中、足を鍛え飽きると
隙間時間で細かい筋群を鍛えはじめる傾向にあります。
待ち合わせの待ち時間、トイレの中、二次会へ向かう道中、
彼らはスマホを見るがごとく細かい筋群を鍛えてます。
彼らにとってはパズドラのようなものなのです。

 

 

 

でかい!【デカい!】
ボディビル業界で使われる掛け声です。
テレビなどでマッスルが現れた時に彼氏が発したら手遅れです。
あきらめて誕生日にはプロテインをプレゼントしましょう。

 

 

 

 

つかえるきんにく、つかえないきんにく
【使える筋肉、使えない筋肉】

SASUKEなどが好きなマッスラーがよく使うフレーズです。
彼らはより実用的な筋肉と肉体美の両立に美学を感じています。
ジムワークによって作られた肉体を否定する傾向にあり
ジム派と実用派の対立に巻き込まれると非常に暑苦しいので気をつけて下さい。

 

 

 

いやいやおとこがすきなわけじゃないから
【いやいや男が好きなわけじゃないから】

男が好きなようです。距離を置きましょう。

 

 

 

さんしょくささみ【三食ササミ】
病的です。ごはんを食べましょう。

 

 

 

きみのまちまでよんまっする
【君の街まで4マッスル】

意味がわかりません。脳にまで筋肉が侵食している可能性があります。
良い医者を紹介してあげましょう。

 

 

 

いかがでしたか?
あなたの近くのマッスラーに当てはまる項目はありましたでしょうか?

ほどよく鍛えて
楽しい夏をむかえましょうね!


【超人】ゲットーの黒人が公園の器具で筋トレするよ! - YouTube

小春日和に兄と遊んだ話

季節は春。

あたたかな日差しとやわらかい風。

そんな小春日和に兄と遊ぶことにしました。

 

f:id:neko8bit:20150510215624j:plain

久しぶりだったので、誘うのに少し照れましたが、兄は
「いぃーおー」と一つ返事で返してくれました。よかった。

 

 

僕は数人の友達と、嫁、息子、兄の彼女を呼び
みんなで遊ぶことにしました。

 

f:id:neko8bit:20150510215824j:plain

 

f:id:neko8bit:20150510220013j:plain

兄と遊ぶ前には準備運動が必要です!
ゴリラがじゃれているつもりで人を傷つけてしまうように
彼も同様に並外れたパワーを持っているから。

 

 

 

f:id:neko8bit:20150510220227j:plain

僕らは、言葉ではなく、拳で語り合います。
いや言葉でも語り合うのですが、この日は拳です。

 

f:id:neko8bit:20150510220358j:plain

来てくれた友達のいでおさんも強制的に語り合います。
もうちょっと色黒く焼いて、口ひげを生やせばマニーパッキャオになれますよ!
兄が本格的にティーチャーしたので後半動きがよくなってました。

 

f:id:neko8bit:20150510220554j:plain

女性でも関係ありません。
マイクタイソンのピーカブースタイルからの左右のフックを教えてる場面です。
初心者に教えるあたりに兄の底知れぬ狂気を感じました。
「うぅんうぅん!パンチパンチ!」と元気よく声をかけてました。

 

体があったまったところで、
この日のメインイベントである映画撮影を行いました。
前々から兄と「最近流行の巨人の動画を撮ろうよ!」と話していたので
実行することに!



撮影中、巨体の兄弟がカメラをもって笑いながらウロウロしている姿はかなり
異質だったのか、
道行く人の怪訝なまなざしを感じました。

でも、僕らは負けずに撮影を続けました。
「いいものを撮りたい」
その気持ちだけが僕らを支えていたのです。

 

そんな僕らを次なる悲劇が襲います。
幼女の集団がこちらへ近づいてきて
僕らを棒で叩きまくるという異常な事態が起きたのです。

おそらく彼女達は、本能的に異質な僕ら兄弟を排除しようとしたのでしょう。
僕らは小さくなってエレファントマンのように逃げました。
それでも追いかけてくる幼女の群れ。

そして、どうにか巻いたと思ったら恐ろしい言葉を発しました。
「○○ちゃんがカメラで撮られた!お母さんに言わなきゃ!」(※撮ってません)

変態兄弟の誕生です。
最近の子供は大人が一番恐れるポイントを知っています。

僕らはそんな脅威と戦いながらも撮影を続けました。
そして完成した動画がこれです。

  

まけないこと。逃げ出さないこと。投げ出さないこと。信じ抜くこと。

それが大事だってじいちゃんが言ってた!

さわやかな春におすすめの映画(妄想)

やぁ!みんな!映画は好きかな?
僕はとても映画が好きだよ!

でもさ!子どもが生まれると好きな映画を観に行けなくなるって知ってる?
向こう数年は「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」「戦隊モノ」しか観れなくなるんだ!

 

そこで!編み出した僕の特技を今日は紹介したいと思う。

妄想映画レビューさ!

 

それでは話題の映画をレビューしていきましょう!
レッツMOUSOU!

 

ストロボエッジ

今をトキメク有村架純福士蒼汰の青春映画
一言で言えば「壁ドン映画」
5分に一回はドンする。
時に激しくドン
たまに静かなるドン
正月に餅が詰まった祖母に胸ドンするシーンは秀逸でした。
最大の見所はラスト10分で1000回を越えるドンの応酬は圧巻!
最強の敵に2人のドンで立ち向かう姿は感動したなー(ただ有村架純が語尾にドンをつけるのはどうかと思うが
主演の福士蒼汰は本格的な壁ドンを習得するためアフリカで原住民にジャンベの教えを乞いにいったそうだ。
(妄想)

 

映画 暗殺教室

少年ジャンプで大人気のマンガの映画化!
没頭から黄色いパックマンのような物体が授業を始めます。
そこでは幼少より、殺しの業を磨いて来た少年少女達が日々研鑽に励んでおった。
彼らの目的は要人の暗殺。
しかし、パックマンから衝撃の言葉が発せられる。
「今から君たちには殺し合いをしてもらいます」
今まで磨いて来た殺しの刃を同友に向けることになるとわッ!
パックマン役の声はまさかの北野武というバトルロワイヤルなキャスティングも嬉しいところ。
(妄想)

 

 

イントゥ・ザ・ウッズ

タイガーウッズの担当精神科医の映画。
ウッズの性欲の強さを180分に渡り分析する。
時折ウッズのスウィングするシーンを挟むのが余計だった。
見所は浮気がバレたウッズの高級車を奥さんがクラブで破壊するシーンかな。
(妄想)

 



風に立つライオン

世界各国のライオン達が集まり一番を決めるバトル映画。
制作費70億円!CG無し!
生ライオンと戦う役を
武井壮ケインコスギ千葉真一、シェインコスギ、マイクタイソン(友情出演)など豪華キャストで挑む
しかしあまりにも精巧な特殊メイクの為、
どれが本物のライオンか人間かが分からなかったのが減点。
多分途中で風のライオンに食べられた水のライオンは千葉真一だったと思うんだけど

(妄想)

 

 

 

 

 

 

 

=============================

いかがでしたか?

僕は久しぶりに沢山の映画を見た気分になれました!
みなさんもゼヒ試してみて下さい!

ヤバイハワイ-ゆかいな欧米人編-

僕らのハワイも3日目。(1日目→こちら/2日目→こちら
ハワイにはとても太っている人が多い。
「あれって確か、、、KONISHIKI?」みたいな出来事が何度も起きる。


この日は「パラセーリング」というよく分からないイベントが予定されていた。

加藤鷹似の旅行代理店の人は
「ハワァイのぉおパラセィーリンっはぁー超ヤヴァイィっすよぉ!高さが違うっすぅ」
と言っていた。

f:id:neko8bit:20150307214307j:plainここから出発するらしい。
今までのイベントはガイドさんとか受付の人がみんな日本語ほぼ分かる人だったんだけど、この時は受付から皆、ほとんど日本語分からない。

この時、僕は少し気づいてしまった。
(これって日本人はあんまり参加しないイベント)
          ↓
(つまり、陽気でノリノリの欧米人の遊び)
          ↓
(よって、超ヤバい)

そして、僕と嫁は受付でマゴマゴしている内に
半ギレの受付の人に連れられるがままボートに乗り込んだ。



f:id:neko8bit:20150307214708j:plain

「イェアアァァッ!ファオ!」
ボートにはノリノリの欧米人2名が場を仕切っていた。

乗船員は3カップル
・僕と嫁
・モデルの様な若い子と金持ちそうなおじさん失楽園なカップル
・総重量200キロくらいのカップル

ボートに乗り込むや否や欧米人が話しかけてきた
「シャシンエスディーニセンエン。イイデスカ!?」

そう。
このボートに乗った人は水を避けてカメラを持って来ない
そこを彼らはビジネスチャンスとしたのだっ!

4GBのSDカードごとくれて2000円
結構良心的な価格である。


そしてボートはどんどん進む
200kカップルの影響でやや傾きながら。


沖に出て最初に200kが飛ぶことになった。
二人同時に飛ぶのだが白人達はベルトを付けた時
「オゥフッ(ヘイ!マジかよ!)」みたいな顔をしたのを僕は見逃さなかった。

果たして飛ぶのだろうか?
縄が切れてハワイの空へ消えて行かないだろうか?
僕は少し不安だった。


しかし。
200kは
見事に離陸。


どんどんどんどん
遠くへ。

まじか。
200kのカップルは米粒のようになってしまった。

どうやらハワイの風にとってはたわいもない重さだったらしい。

となりで嫁は爆笑している。



そして僕らの番が来た。



f:id:neko8bit:20150307215828j:plain

僕は思ったさ「打ち上げ花火ってこんな気持ちなのかな」ってね
欧米人達は悪ノリで僕らを一番高く打ち上げていた。
マンションの15階くらいの高さがあったんじゃないだろうか。


しかし悪ノリはまだ終わらない。

f:id:neko8bit:20150307220041j:plainダイブである。
欧米人2人超喜ぶ。

このあと楽しかったのか一度上げて
もう一回落とされた。

 

 

 


あとで撮ってもらった写真をみたらこんなのも写ってた

f:id:neko8bit:20150307220319j:plain

さすが欧米人。ノリノリである

 

 

みなさんもハワイの海遊びはぜひパラセーリングをおすすめします。
記憶にも記録にも残りますよ。

 

 

欧米人に弄ばれ
心身ともに疲弊した僕は
飲み物を買おうとABCマートに寄った

f:id:neko8bit:20150307225454j:plain

欧米人はどこまでエネルギーをチャージしたいのだ。
見たこと無いモンスターエナジーが沢山あった。
元気になるため、僕はあえてみたことないエナジーを購入した。


帰国後、
調べて分かったのだが外国のエナジー飲料は規制が日本より緩く
チャージ力が半端じゃないそうだ。

僕は、ギンギンになった。
まさに欧米化したのだ!
ほとばしるパッション!アイアムッジェイソンステイサムッ!イイェア!


 

 

f:id:neko8bit:20150307225952j:plain

帰り道。
どこかでみたことある赤いゆるキャラがいた。

 

 

f:id:neko8bit:20150307230044j:plain彼はビジネスマンだった。

そう。ここはワイキキ。
赤い着ぐるみひとつで身を立てることが出来る街。

 

 

つづく(次でおわります)



ヤバイハワイ-人情編-

f:id:neko8bit:20150222214006j:plain

僕らはホテルにチェックインすると
とりあえずビーチに向かった。

そこは紛れもなく楽園だった。
みんなテンションが異常に高かったし常に陽気な音楽が流れている。
こんな世界見たことがない!
アロハ!

そんな感じでハワイの町を歩き回っていると

「チィッサイノォオ!」


と甲高い女性の声で呼び止められた。

振り返ると
キラキラと光る謎の手持ちオブジェを両手に持ってドヤ顔をした
ラテン系の女がこちらに近づいてきた。

どうやら「チッサイノ=小さいの」とは家の嫁のことを指していたらしい。
嫁は軽くツボったらしく半笑いでカタコトの接客をされている。
その間も「チッサイノ!チッサイノ!」と言われていた。
(その後も様々なキャッチに会うのだがこの単語は3回ほど使用されていた)

僕は勢いで少し買いそうになったのだが
嫁に「こんなもの日本でも買える。買う必要はありません。」と言われて断念した。(後日ヴィレッジヴァンガードで見かけた)

 

初日は、着いた時間も遅く、
すぐに日が暮れ始めた。
僕は焦った。
「早くこの国に馴染まなければ」と

 

 

f:id:neko8bit:20150222215350j:plain

どうだろう?
この馴染み具合。
カレーにとけ込んだ人参のような。
そんないい塩梅だ。

 

この流れで
夜のハワイを楽しむか


と思いきや
僕の中のスモールボーイが顔を出した。
帰り道で見かけた米兵。
タトゥーだらけのサモア人。
よく分からないチップという文化。

僕は嫁を説得した。
「今日はABCマートでお酒と食べ物を買って夜景を見ながらハワイの夜を楽しみませんか?」

 



買ったお酒は瓶の栓抜きが無く飲めなかった。

 


スパムおにぎりはプラスチックのような味だった。

 


夜景はほとんど見えない部屋だった。

 

 

そんなこんなで初日は過ぎ去ったのである。(ふがいない夫ですまない)

 


そして、2日目!
怒濤のアクティビティが始まる!

 

気合いの朝6時起床!
ハワイらしいモノを食うぞ!と気合いを入れたが
朝早すぎてサブウェイしか開いていなかったッ!

サブウェイなんぞ日本でも行ったことない
カウンターには朝に弱そうな不機嫌な黒人女性がいる。

よくわからずカウンターでヘラヘラしていたら
「YASAI!」
と言われたので。

僕は
「YESッ!」

と力強く答えた。

 

f:id:neko8bit:20150222231408j:plain

そしたら何か勝手に作り始めたのでそれを食べた。
こんなアバウトなコミュニケーションも時にはいいだろう。
野菜はたっぷり入っていた。


そして、
アクティビティが始まる!
ここからハワイを楽しむ時間の始まりだ!

初めてのアクティビティは
「ワイキキ半周案内」みたいなやつだった。

f:id:neko8bit:20150222232030j:plain

案内してくれたのはこの人。
まさかの生粋の日本人。
普通に近所にいそうなおじさん。
そして、8人乗りのワゴンに客は僕ら二人だけ
過疎ったラブワゴンのようだ。

しかし、
僕はこのアクティビティがこのハワイの旅で一番好きだった。
おじさんはぼそぼそとボヤキながらハワイの真実を教えてくれた。

「ハワイに行って雑貨屋ツアーとか行くやつの気が知れない」

「「この木何の木を」見たいってやつが多いがそこら中に生えている」

「ハワイで一番上手いのは日本食だ現地のメシはまずい」

「ハワイの水道水はミネラルウォーター並みに綺麗だから飲んでもいい」

そして、ツアーに関係ない場所にも色々寄ってくれた。

f:id:neko8bit:20150222233458j:plain

沢山生えてる「この木なんの木」

 

 

f:id:neko8bit:20150222233548j:plain

芸能人の写真がめっちゃ飾ってあったかき氷店(味は普通)

 

 

f:id:neko8bit:20150222233714j:plain

おじさん「ここのコーヒーが一番うめぇんだよ」

 

 

そして、一日中おじちゃんと一緒にハワイを回った。
その他にもチップのマナーや治安が悪い地区など
色々教えてもらった!
おじちゃんアリガト!

 

 

夜はマンガのようなステーキを食べた。

f:id:neko8bit:20150222234053j:plain

旨くてデカイ肉を食べると人はここまでふぬけた表情になるのだと僕は学んだ。


そしてホテルに戻り
クタクタに充実した疲れの中まどろんでいると

「助けて!」

と嫁が叫んだ。

僕はすぐに声が聞こえた洗面所に走った。

 

 

f:id:neko8bit:20150222234356j:plain

なぜそうなったのだろうか?

そこには隙間に指が挟まった嫁がいた。

彼女は当時31歳である。
半泣きの嫁の指に向けて洗剤をかけて指を抜こうと頑張る夫婦。

僕らにハワイは早すぎたのではないだろうか?

そんな不安は的中するハワイは更なる牙をむくことになるのである。

 

 

つづく